「今後の人生で一番生かせる講座」そう思って選んだのが《糀》でした。

「今後の人生で一番生かせる講座」そう思って選んだのが《糀》でした。

糀エヴァンジェリスト
糀お料理研究部
芦田恵美子です。

こだわりのお野菜や調味料を使ったお料理をだすスペイン料理屋さんに客として通ううちに、オーナーの話にのめり込み、そこで働かせてもらうようになった私。
体に良いお野菜や調味料について勉強させてもらい、学んだ事を自分で開催していたお料理教室でお伝えしながら、自分なりに食の安全について考えてきました。


しかし、食のプロとして、もっとしっかりした知識が欲しいという思いや、安心な食べ物についてもっと勉強したいという思いが日に日に募って行き、自分にあった勉強ができるところを探すようになりました。

私が糀を選んだ理由

インターネットで検索すると、食について勉強できる講座がたくさん見つかりました。
お酒、野菜、発酵食などなど。。。。
その中で、私が「糀」を選んだ理由。
それは、「今後の私の人生で一番役に立ちそうだから」
お料理を仕事にして行くには、お酒の勉強もいいかなと思いました。
お野菜をもっと知るのもいいかなと思いました。
発酵食なども、気になりました。
ただ。。。。私にとってはどれも何が勉強できて、この先どう生かせるかがイメージしにくいものでした。

そんな講座がたくさんある中で、「糀」の事だけ深く学ぶ
「糀エヴァンジェリスト養成講座」
には、とても魅かれるものがありました。
色々やるより、とりあえず「糀」をきわめて見よう。
「糀」なら、おうちで試作もくり返してできるし、
家族に、手軽においしいお料理が出せるようになるなら、お仕事をやめたとしても、一生の宝物になる。
そう思った私は、「糀エヴァンジェリスト養成講座」 を受講する事に決めたのです。

糀エヴァンジェリスト養成講座の詳細はこちら

糀基礎講座 も含めて3日間。結構詰まったスケジュールをえらび、大変でしたが、
その内容は「どんどん糀を使いたい」と思える内容でした。

糀基礎講座の詳細はこちら

何より身に付いたのが、糀についてのデータや科学的にどう作用するかを勉強した事によって、
「糀をこういう風に使えば、どんな仕上りになるか」
これから初めて作る料理の味が想像できるようになりました。
すると、自分でレシピを作るのがどんどん楽しくなる!

大人になって世界が広がって行く子どもたちへ。
まだ家にいる今だからこそ伝えておきたい大切な食の事。


子どもたちは、もう19歳と14歳。それなりに外でご飯も食べたりしてくる年頃です。
19歳の子はコンビニでバイトをしていて、その中で食べ物を扱ってもいますし、
バイト先のものを食べる事も。
もう、おうちで私の作ったご飯だけをたべてくれるわけじゃない。

でも、まだ傍にいる今なら伝えられる。
これからの彼らの体を作って行く食べ物の大切さについて。

特に、もうあと何年一緒にいられるか分からない上の子が家でご飯を食べるときは、
私の作ったご飯について、いろいろ話しながら一緒に食べています。
そして、同じメニューでも糀を使ったものと使っていないもの。。。食べ比べると必ず
「糀を使っている方がおいしい!」という子どもたち。
一緒に暮らしている間に、しっかり自然の味をおぼえてくれていたら、きっとそれは、
この子たちだけじゃなく、いつか産まれてくる孫や、ひ孫にまで伝わってくれるはず。

糀の良さは何より「取り入れやすい事」

「安全なものを手に入れたい」と思っても、
オーガニックの野菜やお米はまだまだスーパーでは手に入れにくく、とりよせると手に入っても高額なものも多い。
食べる事は毎日の事。いきなり無理をしても心もお財布も疲れてしまう。
限られた選択肢の中で、じゃあどこから取り組むか、となった時、「調味料から」というのはとても入りやすいと思います。
「とりあえず糀さえあれば、余計な調味料を買い足さなくても良い」という安心感をもってもらえたら、他の調味料を買い足すときに、「ちょっとでも良いものを」という選択がしやすくなるんじゃないか。

もともと「調味料のよさ」「シンプルな美味しさ」に魅かれて料理の仕事を始めた私。
みなさんにも、もっと調味料が料理を変えることをお伝えして行きたい。
良い食材と良い調味料があれば、シンプルなお料理で充分美味しい!
そして何より、余計な添加物を取り入れる事が少なくなる。
糀は、昔からの日本人の知恵。その美味しさを伝える事が食の安心にもつながるのなら、
こんなに良い事はないと思っています。

糀エヴァンジェリストとしての初めての仕事はカルチャースクール講師

2017年に糀エヴァンジェリストになった私の目標は、
会場の都合でしばらく開催できていなかったお料理教室を再び開く事でした。
なかなか良い会場が見つからず、どうしようかと思っていた時、
糀お料理研究部が発足し、勉強し続けたいと思っていた私は迷わず所属する事にしました。
その後、協会から「カルチャースクール講師」の話をいただいたのですが、
私がやりたいなと思っていたスクールは別のところ。。。。
でも、ご紹介いただいたスクールとは系列!
そこで「自分でやりたいところに直接問い合わせてみてもいいですか?」と申し出ました。
何より自由な活動を重んじる日本糀協会。

「系列スクールのここと、ここで開催が決まっていますと良かったら言ってみてください」

と言ってもらえました。
協会の名前を出す事も了承を得て、一人で交渉に。
一人でしたが、協会のフォローがあると思うと勇気が持てました。
ありがたい事に交渉は成立!

2018年より、カルチャースクール講師として活動することとなりました。
そして、なんと、しばらくお休みとなっていた堺市の料理教室も再開できる事に!
2018年の始まりは、私の後押しをしてくれる年だと感じています。

資格をもらったと言っても、あとの活動はその講師次第で決まると思っている私。
それでも、何かのときに相談できるところがある、仲間がいる、というのは
一人で教室をやっていくにはとても心強い場所です。
これからは、「食のプロ」として協会の仲間たちと勉強をし続けるだけでなく
「伝えるプロ」としての技術も一緒に磨いて、みなさんに「私の伝えたかった食の事」をたくさん知っていただけるようになりたいと思っています。

=====================
芦田恵美子先生の教室で
生活
はじめてみませんか?
=====================
2018年1月15日(月)甲南山手カルチャーにて説明会&試食会を開催!

体験教材費1,260円 糀お持ち帰り付き

甲南山手カルチャー
糀のお料理教室についての詳細やお申し込みはこちら

芦田恵美子先生からは、糀基礎講座も受講できます! 場所は神戸市東部〜西宮近辺出張可。
その他こちらでの受講も可
《ママシェフキッチン》
大阪府堺市東区大美野42−9
《事務局コージーカフェ》 
神戸市東灘区岡本1丁目14−6−104
こちらのページからFacebookや連絡先をチェック!


 

 

一覧へ戻る