どんな料理教室を始めようか?

どんな料理教室を始めようか?

日本糀協会・副理事うえだりんこです。

●いつか自分のお料理教室ができたらいいなぁ。

●「お料理教室やってよ!」なんて、友人に言われたりする

●いつか、お料理教室を開く事が自分の夢になった

「どうしてお料理教室を開きたいのですか?」

と聞かれたらきっと様々な理由が皆さんの中であると思いますが、

必ず基本にあるのは「お料理が好き!」という思いではないでしょうか?

「お料理が好きだからお料理教室を開きたい」

けれど、具体的に何から始めたら良いのでしょう?

●道具を揃える

●空間づくり

●レシピを作る

●レッスン料金を決める

●自分の教室のパンフレットや名刺を作る

●生徒さんを集める

などなど、ざっと考えられるだけでもたくさんある様に思いますが、それよりもまず一番初めに考えておかなくてはいけないことがあります。

それは

「どんな教室にしたいか?」

というあなたの教室の基軸になる部分です。

「とりあえずは私の出来る料理で…」と言って始めるのも間違いではありませんが、
それでは生徒さんは「どんな料理が習えるのか?」が分からないので、
生徒さんの立場になればあまり親切な教室ではないと思います。

そもそも「お料理教室の先生」は、お料理を教える事が仕事ですから、

「どんな料理を教える事が出来るのか?」をちゃんと伝えられる事が、
初めの一歩だと思います。

☑️家庭料理が得意!

→日本の家庭料理、フランスやイタリア家庭料理、台湾家庭料理など、生徒さんの受け取り方は人それぞれです。

✅ おもてなし料理が得意!

→本格的なおもてなしレッスン、気軽に始められるおもてなしレッスン、初心者さん大歓迎のおもてなしレッスンなどなど、おもてなしと言っても、習いたいと思うレベルのレッスンは人によって違います。

☑️ 身体に優しいお料理を教えたい!

→オーガニック素材にこだわっている、グルテンフリーのお菓子教室、発酵や糀を取り入れた料理教室、など身体に優しい料理も様々です。

①自分がどんな事を教えられるのか?

②自分が伝えたい料理はどんな料理なのか?

③自分の伝えたい料理で喜ぶ人は誰か?

まだぼんやりしているならば、一度じっくり考えておくべきでしょう。

特に②と③については

自分が「意欲を持って伝え続けていける事」が大事です。

そこが決まればレッスン料を決めることが出来たり、レシピ作成もスムーズに進むと思います。

ちなみに私は

「たくさんの人に日本の伝統調味料を伝えて行きたい!」

ではなく・・・

●お料理が苦手でも安心な食事作りをしたいと思っている人
●仕事や子育てに忙しく毎日のご飯作りに時間をかけられない人

そんな女性を「糀料理」で幸せにしたい!と思っています。
今までも、これからも。
ずっとずっと意欲を持って伝え続けて行けると思っています。

あなたの思い描くお料理教室のコンセプトは何ですか?

すでにお料理教室を開講しているかたも、今一度思い出して見てくださいね。

日本糀協会 講師養成プロジェクト公式LINE@
●糀料理インストラクター養成講座の進歩状況がいち早く届きます
●勉強会やイベント情報のお知らせ
●現役講師による「生」で「本音」のコラム
など

こちらをClickしてお友達追加してください!
↓↓↓


一覧へ戻る