醤油エヴァンジェリスト片山正樹の醤油醸し日記 【初めての醤油醸し⑥】

醤油エヴァンジェリスト片山正樹の醤油醸し日記 【初めての醤油醸し⑥】

ブログの最後に「老舗醤油蔵でのセミナー&見学会」についてのお知らせがありますので、ぜひお読みください!

こんにちは。
醤油エヴァンジェリストの片山正樹です。

*「醤油醸し日記①」をご覧でない方はこちらをクリック
「醤油醸し日記②」をご覧でない方はこちらをクリック
「醤油醸し日記③」をご覧でない方はこちらをクリック
「醤油醸し日記④」をご覧でない方はこちらをクリック
「醤油醸し日記⑤」をご覧でない方はこちらをクリック

早いもので、仕込んでから6ヶ月以上経過しました。

この頃は、忘れることがなければ毎日混ぜています。

常温のところに置いていると、この真夏の時期は室温がめちゃくちゃ高くなってしまい、1日混ぜるのを忘れてしまうとその翌日には表面に白いカビ(おそらく産膜酵母)が湧き始めます。

結構面倒ですが、毎日混ぜないといけません。(室温が高い分、醸しも活発に進んでいるでしょうか?)

8月のお盆休みに家を不在にしていた折には、冷蔵庫に入れておきました。

今回のお盆のときには1週間くらい家を空けるので、そのままにしておくとGWのときと同じように(いや、GWのとき以上に)カビだらけになってしまうだろうと。

冷蔵庫なら大丈夫かなと思い、お盆休みの前に3日間ほど冷蔵庫に入れて実験。結果、カビは湧きませんでした。

ので、お盆の間も冷蔵庫に1週間入れておきました。

家に戻ってから瓶の中を恐る恐る覗いてみましたが、大丈夫でした。ほっ。

中期不在時は冷蔵庫がおすすめです。

冷蔵庫に入れるとカビも湧きませんが、発酵もほぼ止まってしまっていることでしょう。醤油醸しにはあんまりいいことではないように思います。が、家の不在時に瓶をずっと持ち歩くというわけにもいかず、背に腹は替えられず、ということで。

(冷蔵庫に入れるときは、いくら発酵が抑えられるといえど、瓶のふたは念のため少しだけ開けておきましょう。長い期間になると、発生する炭酸ガスで瓶が暴発して悲惨な目に遭った、というお話も聞いたことがあります)

家に戻った後、また常温のところに置けば、再び発酵が進むことでしょう。

6ヶ月を経過したもろみはこんな感じ。

はじめの頃と比べると、粘度が出てきて、トロトロ感がかなり増しました。

あと、この半年で量が半分近く減ってしまいました。

毎日スプーンで混ぜて、スプーンに付いた分をおいしく頂いているのでいいんですけれども。

もろみをこのまま調味料として使ってもまったく問題ないのですが、せっかくなので最後はやっぱり絞りたいですね。

仕込んで半年が過ぎましたのでそろそろ絞ってもいい時期だそうですが、もう少し置いておこうかと思います。

引き続き定期的にレポートします。

【募集中です!】
醤油エヴァンジェリストと行く、大人の社会見学『足立醸造株式会社』セミナー&工場見学会

普段は見られない、醤油・味噌蔵の中を見学させていただけるイベントです!実際に醤油を作られている蔵に、足を運んで、見て、感じて、味わいましょう。今回は特別に、足立醸造さんによるセミナーと、お土産付きです。


【スケジュール】
11月10日(日)
13:00〜 足立醸造さんによる、セミナー
【木桶とオーガニックにこだわる蔵元「足立醸造株式会社」について】
14:00〜 工場見学
14:50〜 お買い物タイム
15:30 解散
【参加費】
「しょうゆ基礎講座」にご参加いただいた生徒さん、またはすでにご予約頂いている生徒さん(お土産あり) 3000円
一般の方(お土産あり) 3500円
※事前振込み※
【 アクセス 】
兵庫県多可郡多可町加美区西脇81-1(店舗)
※足立醸造さんは、車でないと行きにくい場所にあります。自家用車でお越しください。
https://www.adachi-jozo.co.jp/

【 お申し込み 】
mayahakko@gmail.com
(醤油エヴァンジェリスト うえむらまや)
※お名前、お電話番号、お車何台で来られるかを添えてお申し込み下さい。必ずメールの受信設定をお願い致します。

美味しいお醤油とお味噌を作っている、兵庫県多可町の足立醸造さんの工場を見学できる貴重なイベントです。
みなさま、ふるってご参加下さい!!

一覧へ戻る