料理教室のレシピ、どうしよう?

料理教室のレシピ、どうしよう?

日本糀協会・うえだりんこです。


先日、私のFacebookでも少しつぶやいたのですが
今日は、お料理教室に使う「レシピ」についてお話したいと思います。

お料理教室を開催するにあたって、絶対必要なもののひとつが
「レッスンで使用するレシピ」。

まず、自分がどんなお料理教室を開きたいのか?が決まれば
どんなジャンルのレシピが必要なのか?が分かってくると思います。

家庭料理なのか?同じ家庭料理でも日本の家庭料理?それともフランスの家庭料理?中華料理やエスニック、最近では韓国料理も人気ですね。

「料理教室を開くのにレシピがない!」

「私のレシピなんて、みんなに見てもらうほどのレシピではないかも…」

もしかしたらそんな風に悩んでいる方もおられるかも知れません。

日本糀協会では、公式LINE@で月に1度、糀のレシピを配信させていただいています。

その時に、現役講師にもレシピの作成をお願いしたりするのですが、
だいたいの講師がこう言います。

「こんなレシピでいいのでしょうか・・・私、普通にやっていることなんですが・・・」

でも、この「普通」って一体なに?

あなたの「普通」は

誰かにとったら「普通」ではないかも知れません。

「へぇ、そんな使い方があるんだ!」
「意外な組み合わせ!」
「一回作ってみたい!」

自分が当たり前のように作っているお料理を
誰かにそんな風に言われたら

「え?こんなので喜んでもらえるの?」

そんな風に思うかも知れませんね。嬉しい反面、ちょっと驚くかも!?

「でもオリジナルじゃないし、こんなの誰でも作れるし・・・」

そんな声も聞こえてきそうです。

でも、今の時代「世紀の大発明!」みたいなレシピは、ほぼないでしょう。
元々あったお料理をベースに、足し算したり引き算したり・・・

某クッキングサイトにもレシピは溢れかえっています。

ちゃちゃっとスマホを操作したら、私たちはいつでもレシピを手に入れることが出来ます。

それなのに

誰かから教えてもらうレシピって

どうして心躍るのでしょう?

うえだ家の豚の角煮。甘糀を使っています!

写真はうえだ家冬の定番メニュー!

「甘糀でやわらか豚の角煮」

それこそ、このレシピ

「えーーーこんなに簡単でいいの?」
ですよ。

我が家では定番だし、
豚の角煮のレシピなんて、ここでわざわざ私が書かなくても
調べたらたくさん出てくると思ます。

でも知りたくないですか?(笑)

簡単なら・・・
いや、簡単だからこそ知りたくないですか?(笑)

もしも、あなたもそんなレシピを持っているなら

それはきっと料理教室講師として宝物です。
誰かと、その家族を幸せにできるレシピかもしれない。

「料理教室を開くのにレシピがない!」

そんな風思っているあなたも、
もしかしたら、すでにたくさんのレシピを持っているかもしれませんよ~~~

自分がどんなレシピを持っているのか?
一度書き出してみるのもいいかも知れませんね。

「こんなレシピでいいの?」

そう聞かれたら私は迷わず答えます。

「もちろん!ぜひ教えてほしいです」

せっかくなので、次回のコラムでうえだ家の「甘糀でやわらか豚の角煮」のレシピを公開しようと思います!

楽しみにしていてくださいね。

「糀の料理の先生になる!」
そんな夢を実現させる「糀クッキングインストラクター養成講座」

☆只今1期生特別記念キャンペーン実施中!
 詳しくはこちらをご覧ください

(期間限定・先着順 特別価格でご案内中です)

一覧へ戻る