●副理事ブログ●糀クッキングインストラクター誕生で私が感じたこと

●副理事ブログ●糀クッキングインストラクター誕生で私が感じたこと

日本糀協会・副理事うえだりんこです。

「糀クッキングインストラクター」とは「糀お料理のプロ」です。

確かな技術と知識で、糀をみなさんにお伝えする事が仕事です。

昨年、6月よりスタートした「講師養成プロジェクト」で、私たち日本糀協会の新しい養成講座「糀クッキングインストラクター養成講座」がリリースされ、その0期生9名が無事にカリキュラムを修了しました!

それに伴い「0期生修了式」が本部で執り行われ、みなさん笑顔で修了証書と「糀エプロン」を受け取られました!

修了式について、理事長永楽のブログはこちらから↓↓↓

上村まや先生の修了式レポはこちらから↓↓↓

みなさんとても素敵な笑顔です

0期生のみなさま本当によく頑張られました。

この養成講座を1期生、2期生、3期生…へと繋げて結んで行くために、たくさんの協力をしていただいたし

何より、「0期生」というチームで私たちと一緒にこの養成講座を創り上げてくださったのだと私は思っています。

みなさんの頼もしいスピーチを聞きながら、私もグッと胸に込み上げるものがあり、何度も何度も瞬きをして涙がこぼれないようにすることに必死でした。

みなさんの熱い思いは、こんなにも私を涙もろくしてしまいます。

養成講座を受講するために踏み出す初めの一歩が、どれほどの勇気が必要だったのか…

自分を好きな自分であること。そうなりたいと望むこと。そうなる為に行動すること。

それはもう誰にも邪魔されてはいけないのです。

0期生のみなさんが、この「糀クッキングインストラクター養成講座」でつかみ取ったものは「糀の知識やお料理の技術」だけではありません。

これから始まる講師としての新しい道をしっかり歩いて行けると思います。 

心からエールを送ります!

0期生のみなさま、改めておめでとうございます。

さて、0期生の皆さまのスピーチをお聞きしながら私が感じた事を少しお話しさせてください。

養成講座を受講しての感想や、これからの豊富や目標などを1人ずつスピーチしていただきました。

0期生皆さんのスピーチで共通して出てきたワードがあります。

それは「仲間」と言うワードです。

「仲間がいたから頑張れました」

「仲間と出会えたことが宝物です」

「みなさんが居なければ頑張れなかったかも知れません」

などなど…

殆どの0期生の皆さんから、このような言葉を聞く事が出来て、本当に嬉しく思いました。

そうそう、私もそうだった。

ひとりじゃここまで来られなかった、絶対に。

0期生の皆さまは、いつの間にか連帯感が生まれ、ごくごく自然に仲間となり、ひとつのチームになりました。

でもこれは必然。

だって皆さん、同じ目標と夢を持って進んでいますから!

「糀や発酵、お料理の素晴らしさを伝えたい!」

そんな共通の思いを持って集まったのだから、「仲間」になって当然ですね。

このような仲間はきっと、それぞれみなさんの人生を豊かにしてくれると思います。

そんな仲間に「日本糀協会」で出会ってくださったことがとても嬉しい。

私の仕事は、お料理を教えるだけではなく、 もっと深く、彩りあふれる価値をみなさんに与えられるのかも知れないと、0期生の皆さまとの出会いで気付く事ができました。

私にしか出来ない仕事って、形のないものかも知れない、きっと。

だからこそ、これからもずっと伝えて行きたいと思っています。

さぁ、次は1期生のみなさんの番です。

そして2期生もまもなく募集開始となります!

資料請求はこちらからhttps://nihonkojikyokai.com/request

一覧へ戻る